お風呂を増築する際の費用や期間は?

お風呂場

このページでは、お風呂の増築を考えている方に向けて、増築費用や工事の流れ、工事期間、注意点についてご紹介します。

まず、結論から言うとお風呂の増設費用や流れは、

  1. 地域が「防火地域」や「準防火地域」であるか否か?
  2. 増築するのは一階なのか二階なのか?
  3. 洗面所や洗濯機を置くスペースも併せてリフォームするのか?
  4. ユニットバスのグレード
  5. 既存の給排水管や給湯器の状況

などによって異なり、目安として120万円~250万円程度まで大きな差が出てきます。

お客様のご希望だけでなく、建物の状況次第でお値段が変わってくるものと言えます。

この点について、もう少し詳しく費用や工事の流れなどを見ていきたいと思います。

お風呂増築の費用相場は?

上記では、ご要望や建物の状態によって値段が大きく異なると書きましたが、お風呂増築の費用を考える際に、最も大きなポイントはどこか?というと、

  1. 「ユニットバス」のグレード
  2. 増築するのは一階か?二階以上なのか?
  3. 既存の給排水管や給湯器の状況
  4. 洗面所や洗濯機スペースのリフォームの有無

になります。

ユニットバスはピンキリ

弊社ではそのコストパフォーマンスの高さから一般住宅では「ユニットバス」をお勧めしていますが、お値段は正にピンキリの状態です。

ユニットバスのお値段には以下の要素が関わってきます。

  • サイズ
  • 機能

まずサイズですが、同じグレードのユニットバスでもTOTOの商品を例に取ると

  • 0.7坪サイズ:約79万円(定価)
  • 1.5坪サイズ:約130万円(定価)

と、サイズによって大きな開きが出てきます。

このように、導入できる/したいサイズによって大きくお値段が変わってくることを予めご理解下さい。

そして今度は、TOTOの1坪サイズのものをグレードで比較すると、

  • ベーシック:約73万円(定価)
  • ハイグレード:約107万円(定価)

となるなど、グレードによっても大きな差が出てくることもポイントです。

ただし、グレードが変わると、機能の差は天と地ほどありますので、値段ばかりで見ないことをお勧めします。

例えば、パナソニックのリフォムス(約130万円)というハイグレードなユニットバスの場合、床暖房暖房換気乾燥機保温浴槽断熱(床・壁・天井)が標準搭載と、非常に高機能となっています。

お値段も高いと思われるかもしれませんが、冬場の古いタイル張りの寒い寒いお風呂に入ることを想像すると、如何にありがたい機能かが分かると思います。これらの機能はヒートショック予防になりますので、健康(や命)をお金で買うと思えば、むしろ安いと言えるかもしれません。

以上、ユニットバスは、サイズと機能によって70万円~150万円以上まで大きな差が出てくるとご理解下さい。

そしてこのユニットバスの費用に加えて、

  • 電気配線工事費用
  • 給排水管工事費用
  • 取り付け費用
  • 建物増築費用

として、50万円~80万円程度の費用が(一般的に)かかってきます。

以上を踏まえて、ユニットバスを増築する場合の費用を合計すると概ね120万円~230万円になると言えるでしょう。

一階か?二階以上なのか?

既存のお風呂が狭いと考えている方や、介護を考えている方は一階に増築するケースが多く、二世帯住宅や賃貸経営を考えている方にとっては、二階に増築するケースが多くなると思われます。

ご想像の通り、一階に設置するよりも二階に設置する方が値段はやや高くなります。理由は以下の通りです。

  1. 配管工事が複雑になる
  2. 耐荷重の問題で補強が必要になる
  3. 音の問題があり、防音をする必要がある

配管ですが、二階の場合は通常の給排水だけでなく、「追い炊き」用の配管も問題となります。その分、費用がかかってしまいます。

耐荷重については注意が必要です。柱などの状況によっては、設置不可となります。

また、見過ごされがちですが、音の問題は非常に大きな問題です。

実際に二階のお風呂の音がうるさいためリフォームした事例もありますが、給排水の音や水音、足音など適切な防音がないとお風呂直下のお部屋ではうるさくて暮らすことができなくなる場合もあります。

実際に私も、このような家に暮らしたことがありますが、お風呂の下にある部屋は物置にせざるを得ませんでした。

これを防ぐためには、追加の防音工事が必要となりますので、お値段はやや上がってしまいます。

まとめると、1階の増築と2階以上の増築を比較すると、後者のお値段が高くなり、金額としては数十万円の違いが出てきます。

洗面所や洗濯機スペースのリフォームの有無

見逃す方も多いのですが、お風呂の増築に必ず付随するのが洗面所や脱衣所、洗濯機のスペースをどうするのかという点です。

増築によって活用することができるスペースが増えるため、生活の再設計をする中で、上記のような問題は絶対外せません。

殆どのお客様は増築に合わせて洗面所や脱衣所、洗濯機のスペースについてリフォームを行います。

勿論、予め予算があることですので、リフォームが必須という訳ではありませんが、上記の増築費用にプラスして数十万円のリフォーム費用がかかることも最初から計算に入れておく方が良いでしょう。

従って、上記ではお風呂の増築は最大で250万円程度と書かせていただいた次第です。

増築工事の流れと工事期間の目安

既存の建物の状態にもよりますが、増築は普通の入れ替えよりも時間がかかります。スムーズにいって約2週間、難しい工事になると1ヶ月が目安になります。

以下がお風呂増築工事の流れと工事期間の目安です。

工事内容 期間
既存の浴槽や配管等の解体・撤去作業 2日
床面の基礎工事 2日
配管工事 2日
ユニットバスの組み立て・設置 2日
外壁工事 4日

なお、10日程度でお風呂には入れるようになりますが、外壁工事に数日かかります。

確認申請には要注意

確認申請とは、増築した建物が法令に抵触しないかを役所が確認する手続きです。許可が下りなければ、勿論増築することはできません。

そして、この確認申請が必要か否かは、お客様のお住まいがある地域や増築の広さによって変わります。

まず、お住まいが「防火地域」や「準防火地域」にある場合は、必ず確認申請を行う必要があります。

これ以外の地域の場合、増築が10㎡を超えなければ申請する必要はありません。つまり、約3坪の広さであれば申請の必要はないということです。

なお、確認申請は建築士にやってもらうことができますが、申請費用はかかります。約3万円程度は腹積もりしておいた方が良いでしょう。

お風呂増築・リフォームの事例