注文住宅にメリットはある?

注文住宅で新築を建てるメリットですが、いくつかありますがまずはご自身が注文住宅で新築した方が良いかどうかを確認した方が良いでしょう。

注文住宅のメリットは大きく分けて3点ほどございます。

  1. 施主の要望や意思を細部にわたって反映させる事ができる(設計の自由度が高い)
    設計の自由度が高いため、建材の材料や工法、キッチンなどの水回りなど、施主の要望に併せてこだわりの家づくりが可能となります。
    また、施主様のライフスタイルにあわせて間取りへ部屋の配置なども自由に取り入れることができます。
  2. 金額的に融通が利きやすい
    材料や間取りなど自由に要望できるように、施主様のこだわりの部分に予算を多めに配分し、逆にこだわりの無い部分には予算を少なめにすると言ったような予算配分を自由に行うことが出来ます。
  3. 建築段階からチェックできる
    建売住宅とは異なり建築段階から構造の内部まで確認することができますのでご自宅の裏側までしっかりとチェックすることが出来ます。

一方、注文住宅にはデメリットもございますので、併せてご確認ください。

  1. 期間が掛かる
    施主様のご要望を一から反映していきますので、施工期間は比較的長くなります。
  2. 打ち合わせ回数
    従って打合せ回数についても比較的多くなりますので、打合せは出来るだけ少ないほうが良いという方は建売が良いかもしれません。
  3. 自由度が高い一方で建売住宅よりも金額は高くなる
    建売住宅と比較するとお値段は高くなりがちです。建売住宅は設計が均一なため、建材の仕入れにおいてスケールメリットが生じるのと同時に、作業が標準化されるため、大工さんの工数も少なくて済みます。また、いわゆる安普請の場合もあります。更に、在庫として残しておきたくないために、建築後に一定期間が過ぎると値引きをするということもあり得ます。