二世帯住宅は高くなりますか?

当社の建築事例からお答えしますと、やはり通常の一世帯の注文住宅に比べて二世帯住宅の建築費用は高くなる場合は多いと言えます。

特に、水回り(キッチン・バス・トイレ)などは給排水などが単純に数が2倍になることで金額が上がるケースが多いと言えます。

また、二つの世帯の独立した生活を重要視する施主様の場合は、リビングやダイニングキッチン、玄関なども別々にしたいという要望も頂きます。

特に、小規模宅地の特例が改正されたことによって、玄関が別々の二世帯住宅の注文は増えております。

従って、二世帯住宅の建築費用は、単純に2倍とはならなくても、一世帯住宅に比べると高くなる傾向にあります。

 

ただし、本当に単純に設備を二倍にするのが良いかどうかはよくよく考えることをお勧めします。

実際に弊社が施工した二世帯住宅を見てみますと、せっかく世帯ごとに分けたユニットバスも結局は使わなくなってしまう事が良くあるからです。

その他、キッチンについても実際には一つのキッチンしか使っていないというケースもございます。

従って、二世帯住宅を建てるにあたっては、各家庭のライフスタイルを良く考えて設計される事をお薦め致します。

二世帯だから単純に設備を二倍とするのではなく、キッチンの面積を広く取り、二世帯で共有することで建築費用を削減することもできるのです。