ガレージやカーポートの設置・交換・拡張の費用は

もう一台車を所有することになった、既存のガレージカーポートが老朽化したなど、様々な理由でガレージやカーポートの設置や交換、拡張を検討されると思います。

ここでは、ガレージ・カーポートの設置・交換・拡張の費用相場、注意点についてご紹介します。

ガレージ・カーポートの設置・交換・増築費用の相場 

ガレージやカーポートの設置費用を大きく左右する要因の一つが、駐車予定の車の台数です。

所有する車の台数によって費用に差が出るため、注意して見てください。

設備タイプ費用
独立ガレージ1台:100万円400万円(木造は100万円300万円、鉄骨は150400万円)

2台:150万円400万円

3台:400万円800万円 ※確認申請が必要になる場合が多い。

ビルトインガレージの増築150万円350万円
カーポートの設置・交換1台:25万円50万円

2台:35万円~70万円

3台:45万円80万円

ハイグレード、オプションによっては各相場に30万円以上追加の可能性があります

カーポートの設置・交換(積雪タイプ)1台:30万円55万円

2台:40万円75万円

3台:50万円85万円

ハイグレード、オプションによっては各相場に30万円以上追加の可能性があります

既存スペースの拡張30万円250万円

既存スペースの拡張は、現状や施工内容によって費用が大幅に変わります。

 ご覧いただいた通り、ガレージとカーポートでは相場費用に差があります。

ガレージとカーポートはそれぞれどのような特徴があるのか、設置する上での注意点についてまとめてみます。

ガレージの特徴と設置する上での注意点

ガレージは「車庫」とも呼ばれ、車の出入り口以外を壁で囲んだ建築物です。

その最大のメリットは、雨や風などから愛車を守ることが出来ること。

車が外気や雨風にさらされることで経年劣化していきますが、ガレージに格納することでそういった劣化から車を保護することが可能になります。

また、先述の通りガレージのは建築物として扱われます。

つまり、建築前に建築確認申請、さらに固定資産税の対象となるため、維持費が発生することを認識しておきましょう。

ガレージは大きく分けて2タイプあります。

独立ガレージ

自宅の敷地内に設置する、家屋から完全に独立したタイプのガレージです。

「男の隠れ家」というようなイメージで、ガレージを自分好みに改造・改築している車好きの男性も多くいらっしゃいます。

あそこまでこだわらなくとも、現場で組み立てるだけという既製品であれば比較的安く施工することは可能です。

ただし、予算は少なくとも100万円前後は想定しておきましょう。

いろいろと手を入れ始めると、あっという間に金額が跳ね上がります。

ビルトインガレージ

 玄関のすぐそばや、家の中から出入りできる造りのガレージです。

敷地面積に余裕があれば、家屋自体を増築して作ることができます。

一方、敷地面積が狭く、新しい場所を作ることが難しい場合は、減築という方法もあります。

例えば、1階に使用していない和室があるため、その部屋をガレージに変えてしまうという方法です。

減築の場合は固定資産税額が下がるケースが多いので、使う予定がない部屋がある場合はおすすめです。

カーポートの特徴と設置する上での注意点

ガレージ・リフォーム

カーポートはガレージのような壁はなく、屋根を支柱で支えています。

壁はないとは言っても、隣家との目隠し、風や雪対策が可能なサイドパネルが付属しているものもあります。

パネルは後付すると費用が高額になってしまうため、予算を大幅にオーバーしないのであれば初めから設置しておくことをおすすめします。 

また、雪が多い地域では、一般的なカーポートでは積雪の影響で屋根が破損してしまいます。

毎年雪が多い地域にお住いの方は、積雪約2050㎝を想定した耐雪カーポートを選びましょう。

 

そのほかにもソーラーパネルが付いたものなど、機能性に優れたカーポートもあります。

ただし、オプションや機能が多いほど価格も高くなるため、予算と大きさ、機能のバランスをとって選ぶようにしましょう。

防犯用のゲートや照明、洗車用の水道などを設置する場合も予算にしっかり組み込みましょう。

 

なお、カーポートは居住地が防災地域であったり、サイズによっては建築確認申請が必要になるため、詳しい施工会社に確認してもらってください。

まとめ

ガレージやカーポートの設置・交換・拡張のポイントは下記の通りです。

  1. ガレージ・カーポートの設置費用は、現状や施工内容によって大きく変動する
  2. ガレージは建築物扱いで、固定資産税が発生する可能性がある
  3. カーポートは駐車台数、機能やオプションによって費用が大きく変動する

ガレージ・カーポートのいずれを設置、交換、拡張するとしても、現状や希望する施工内容によって費用は大幅に変動します。

内容によっては建築基準法などの条件を満たさないため、実現不可の場合も想定されます。

ガレージやカーポートの施工実績が多く、専門的な知識を持っている業者としっかり相談することをおすすめします。

おすすめの記事